自宅兼事務所の庭を人工芝DIYしてみた!やって分かった3つのメリット

2013年4月から写真事務所を設立して、自宅を事務所として使っています。

この度、あるきっかけから人工芝DIYを思い立ち、友人の協力を得て無事に完成しました。

今までDIYなどやったことはなかったのですが、なかなかいい具合の出来で満足しています。

実際にどういう風にやったのかということと、やってみて分かった人工芝DIYのメリットについてご紹介させていただきます。

人工芝DIYをやってみたきっかけ

写真撮影の仕事で、あるご家庭にうかがって撮影をしていて、庭の芝生がきれいなので「緑の中でも撮りましょう」という話になったのですが、実はそれが人工芝だったのです。

芝生の緑はもちろんですが、枯れて縮れた茶色の葉もリアルで本物そっくりで、本当に驚きました。

事務所に戻って人工芝について調べてみたのですが、良いことばっかり書いてあって、しかも業者に依頼しなくてもDIYでできるということで、数日は人工芝DIYのことが頭を離れませんでした。

というのも、自宅兼事務所兼スタジオの庭がみすぼらしくて何とかしようと思いながら長年そのままだったからです。

それほど広い庭でもありませんので自分でもDIYで人工芝ができるんじゃないかと思い始めて、人工芝DIYの紹介をしているサイトを詳しく調べて、実行することに決めました。

人工芝や道具・工具の準備

DIYをするにあたって、用意した資材は次のようなものです。

  • 人工芝(ワイズターフC35)……ワイズヴェルデで購入
  • 防草シート……ホームセンターで購入
  • 真砂土(水はけの良い砂のことです)
  • 両面テープ……ワイズヴェルデで購入
  • 養生テープ……ホームセンターで購入
  • U字ピン……ワイズヴェルデで購入

人工芝は、公式サイトでDIYの紹介もしてくれているワイズヴェルデという人工芝メーカー兼施工会社から購入しました。価格が一番安いものでしたが触り心地がとてもよくて気に入りました。

また、工具類は次のようなものが必要だったので、一部友人からも借りて揃えました。

  • ハンマー、カッター、ハサミ、メジャー、デッキブラシ
  • コテ、ジョウロ……友人から借りました
  • トンボ……ジモティーで借りました

人工芝DIYのやり方

肝心の人工芝DIYのやり方は、上でも紹介したワイズヴェルデのサイトを参考にしました。

人工芝をDIY施工で誰でも無理なく敷ける方法をプロが解説

ワイズヴェルデさん曰く「20平米以上であれば人工芝施工のDIYを推奨していません」ということだったのですが、我が家の庭は十分20平米以下だったのでOKでした。

<1>雑草抜き

雑草抜きは絶対にやらなくてはいけない作業だそうで、スコップを使って念入りにやりました。

<2>整地

業者に頼むと転圧機という機械を使って整地作業をするらしいのですが、DIYの場合は「真砂土」を使います。真砂土は別名「岩瀬砂」とも言う「水はけの良い砂」です。

全面に渡って約2cmの厚さを目安に撒いていきます。思ったよりも量が必要になりますが、余っても他に使いみちがなく無駄になりますので、買い過ぎには注意しましょう。

私の場合は、途中で足りなくなったので追加で買いに行きました。

だいたい撒き終わったら、トンボを使って均一にならして叩いて平らにしていきます。トンボの先の平になったところで、パンパンと叩いて固めていきます。

この作業を手抜きすると、砂が柔らかいままになるので凹凸ができたりして、人工芝の見た目が悪くなります。

最後にジョウロで水を撒いて完了ですが、ホースを買って散水した方が断然楽だと思いました。

<3>防草シートを敷く

整地が終わったので防草シートを敷きます。

名前の通り雑草を防ぐ役割があるので、隙間ができないように注意して敷いていきますが、薄いシートなので一人作業は難しいです。道具を借りた友人が手伝ってくれてきれいにできました。

<4>人工芝を敷く

そしていよいよ人工芝を敷きます。

詳しい作業のやり方はワイズヴェルデのサイトを見てやりましたが、庭の広さに合わせて人工芝をカットしますが、10cm程度の余裕をもってカットする必要があります。

あと、人工芝を敷くときには芝目の方向を合わせないと色が違って見た目が悪くなります。

人工芝DIYのメリット3つ

人工芝DIYを実際にやってみて感じたのは、やはりメリットが大きいという点です。

具体的には次のような3つのメリットを感じました。

【メリット1】費用がかからない

人工芝DIYの最大のメリットは、費用を抑えることができる点、コストカットできることです。

人工芝DIYに必要な出費は、人工芝・防草シート・砂・工具類のみです。

業者に依頼すると作業費用がかかりますが、DIYでやれば安くなるということです。

【メリット2】自分のペースで作業ができる

いつでも自分のタイミングで作業が行えるのも良い点です。

週末や空き時間に少しづつ、楽しみながらやるのがDIYの醍醐味ですから、1番目のメリットと言っても良いぐらいです。

今までDIYなんてやったことのない人間が言うことではありませんね(汗)(笑)

【メリット3】メンテナンスなしで年中きれい

これはDIYでも業者に頼んでも発生するメリットですが、水やりや草刈りなどの面倒なメンテナンスが要りません。

寿命は10年程あるそうで、1年中青々とした芝生状態が楽しめます。しかも青い葉と枯れた葉がとてもリアルで自然なので違和感が全くありません。

メリット沢山の人工芝DIYはおすすめ

今まで手を出したことのないDIYに初チャレンジしました。

人工芝DIYというかなりニッチなDIYでしたが、出来栄えには満足しています。

しかも、メリットがたくさんありますので人工芝DIYはおすすめです!

殺風景だった自宅の庭がきれいになって、本当に良かったと思います。

また、最後になりましたが参考にさせていただいたワイズヴェルデさんに感謝いたします。

神奈川県川崎市出身のフォトグラファー。2013年4月より島根秀明写真事務所を設立しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。